トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 家族教室 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 専門編 > 他の(または不明の)物質の中毒

他の(または不明の)物質の中毒

他の(または不明の)物質の中毒

Other(or Unknown) Substance Intoxication

 

疾患の具体例

30代、女性。長年、勤務している歯科医院で笑気ガスに曝露される機会があります。安全性の高いものだと思っていましたが、診察室で笑気ガスを使用するとしびれ、体温と心拍数の増加、時に多幸感が生じることに気づきました。

 

特 徴

「他の(または不明の)物質の中毒」は、以下の物質とは関連しない物質の中毒です。

アルコール、カフェイン、大麻、幻覚薬(フェンシクリジンなど)、吸入剤、オピオイド、鎮静薬、睡眠薬、抗不安薬、精神刺激薬(アンフェタミン、コカインなど)、タバコ。

 

この障害の原因となる物質や、その中毒症状は様々です。例えば、以下の物質が挙げられます。

亜硝酸塩吸入薬

軽度の多幸感、時間感覚の変化、脳の充実感、人によっては性的感情の高まりなどが現れる。有害作用としては、悪心、嘔吐、頭痛、低血圧、傾眠、気道刺激などが挙げられる。勃起不全や肺動脈性肺高血圧症の治療薬「シルデナフィル」(バイアグラ)と亜硝酸塩吸入薬の併用は致命的な結果となり得る。

 

亜酸化窒素

一般的に「笑気ガス」と呼ばれ、歯科の麻酔などに使用されている。乱用すると、意識がもうろうとなったり、浮遊感、快楽的体験(時に性的快楽)が生じる。

 

ナツメグ

肉料理などによく使われるハーブ。大量に摂取した場合、離人感や現実感喪失、四肢の重苦しい感覚が誘発されることがある。

 

ビンロウの実

アジア諸国で使用されている植物。口に入れてかんでいるうちに多幸感や、浮遊感が生じる。

 

カヴァ(キャバ)

南太平洋に自生する植物。カヴァの根は、鎮静作用や協調運動障害を引き起こす可能性がある。

 

有病率

この障害の有病率ははっきり分かっていません。

 

経 過

この障害の経過は、使用した物質によって様々ですが、一般的には使用から数分〜数時間で中毒症状が出現し、ピークに達します。物質を吸入、または静脈注射した場合は症状の発現が速く、経口摂取の場合は遅い傾向があります。中毒症状は、通常、数時間〜数日で軽快しますが、物質によって異なります。

 

診断基準:DSM-5

A. 最近、ほかに記載されていない(または不明の)物質を摂取した(または曝露された)ことによる、可逆的な物質特異的な症候群の発現

 

B. 物質の中枢神経系に対する作用によって、臨床的に意味のある問題となる行動や心理学的変化(例:協調運動障害、精神運動興奮または抑制、多幸症、不安、好争性、気分の不安定性、認知機能障害、判断の障害、社会的引きこもり)が、物質の使用中または使用後すぐに発現する。

 

C. その徴候や症状は、他の医学的疾患によるものではなく、他の物質による中毒を含む他の精神疾患ではうまく説明されない。

 

※参考文献

『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院)

『カプラン 臨床精神医学テキスト 日本語版第3版』(メディカルサイエンスインターナショナル)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病気のはなし-3こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度デイケア社会資源情報社会資源情報こころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信患者様の活動リンク集 トップページへ