トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 家族教室 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気のはなし > 専門編 > オピオイド中毒

オピオイド中毒

オピオイド中毒

Opioid Intoxication

 

疾患の具体例

24歳、男性。肉体労働をしていましたが、腰を痛め、病院でオピオイドを処方されました。それを飲むと痛みが消え、さらに気分が高揚し「初めて幸せになった」と感じました。いくつもの病院を回って入手したオピオイドを乱用し、最近では不快気分や興奮、錯乱状態が現れるようになりました。

 

特 徴

オピオイド中毒は、オピオイドの使用中または使用直後に現れる問題行動や心理学的変化です。オピオイドは、古くから鎮痛などの医療目的で使用されてきた物質で、精神活性作用による中毒症状を起こします。

オピオイド中毒の初期症状はウトウトした感覚で、続いて多幸感が現れます。オピオイドの使用は、口から飲んだり、鼻から吸ったり、静脈に注射をしたりといくつか手段がありますが、静脈注射で接種した場合は特に多幸感が生じるようです。

しかし、多幸感のあとにはアパシー(感情を失う)、不快気分、四肢の重さ、口の渇き、顔面の痒み(特に鼻)、精神運動の興奮または低下、判断力の低下などが現れます。さらに眠気、ろれつの回らない会話、注意と記憶の障害なども出てきます。周囲に注意を払うことができず、危険な状態になっても身を守ることができない場合もあります。

 

ほかに身体的な作用として、呼吸抑制、瞳孔収縮、平滑筋れん縮(尿管と胆管を含む)、便秘、血圧と脈拍数、体温の変化なども生じます。オピオイドを過剰摂取すると、呼吸抑制作用の末にこん睡状態に陥り、最悪のケースでは死に至ります。

 

また、オピオイド中毒の途中にせん妄や精神病性障害、気分障害などが誘発されることもあります。

 

原 因

オピオイド関連障害(オピオイド中毒を含む)の人は、体質的に神経伝達物質のドパミン系とノルアドレナリン系の機能異常が関連している可能性もあります。

 

治 療

過剰摂取で昏睡状態になった場合は、オピオイド拮抗薬(ナロキソン)を投与し、様子を見る。効果が不十分な場合は1〜2回追加投与をする。

 

診断基準:DSM-5

A. オピオイドの最近の使用

B. 臨床的に意味のある問題となる行動または心理学的変化(例:初期の多幸症に続くアパシー、不快気分、精神運動興奮または制止、判断の低下)が、オピオイド使用中または使用後すぐに発現する。

C. オピオイド使用中または使用後すぐに発現する縮瞳(または著しい過量使用による無酸素症に起因する瞳孔散大)および以下の徴候または症状のうち1つ(またはそれ以上):

  1. 眠気または昏睡
  2. ろれつの回らない会話
  3. 注意または記憶の障害

 

D. その徴候または症状は、他の医学的疾患によるものではなく、他の物質中毒を含む他の精神疾患ではうまく説明されない。

該当すれば特定せよ

知覚障害を伴う:この特定用語は、完全な現実検討が保たれた状態での幻覚、または聴覚、視覚、または触覚の錯覚がせん妄の存在なしに起こる、まれな例で記されるかもしれない。

 

※参考文献

『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院)

『カプラン 臨床精神医学テキスト 日本語版第3版』(メディカルサイエンスインターナショナル)

『DSM-5 ケースファイル』(医学書院)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病気のはなし-3こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度デイケア社会資源情報社会資源情報こころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信患者様の活動リンク集 トップページへ