トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 家族教室 サイトマップ English
こころのはなし

F52.4 早漏

Premature ejaculation

Premature (Early) ejaculation

疾患の具体例

35歳、男性。1年前に結婚しました。妻との関係は良好で、夫婦共に子どもを持つことを希望しています。しかし、結婚直後から早漏になり、なかなか妻の妊娠に至りません。性交渉を行う際、必ずと言っていいほど膣挿入の前に射精してしまいます。結婚前にはこうしたことがありませんでした。今の自分が情けなく、「これからずっとこうなのか」と強い不安を感じています。妻は「気にしないで」と言いますが、本当は性的に不満足なのではないか予想されます。そこで、泌尿器科を受診しましたが、医学的な要因は見つかりませんでした。精神科クリニックに相談すると、「強いストレスが原因の獲得型早漏では」と言われました。言われてみると、結婚後から仕事が忙しく、職場の人間関係がうまくいかない悩みがありました。

 

特徴

早漏とは、お互いに性交を楽しむことができないほど、射精をコントロールする能力がない状態を指します。膣内射精に至るまでの時間が約60秒以内であり、なおかつ約6カ月以上持続していることなどが診断基準です。重症の場合は、膣への挿入以前、あるいは勃起しないままに射精が起こります。多くの早漏の男性は、射精をコントロールできないことに不安を感じています。

初めての性体験からずっと早漏である場合を「生来型」、過去には射精をコントロールできていたのに早漏になった場合を「獲得型」と分類します。獲得型は発症する年齢が比較的高く、30代かそれ以降に見られる傾向があります。

早漏は、自尊心の低下や制御欠如の感覚、パートナーとの関係への悪影響と関連する可能性があります。また、性的パートナーが満足せず、苦痛を感じる要因となることもあります。挿入する前の射精は、受胎能力に関連するかもしれません。

 

有病率

国際的には18〜70歳の男性の20〜30%以上が「自分の射精が早いのではないか」と心配しています。しかし、正しい診断基準に基づいて調べると、膣挿入から約1分以内に射精が起こる男性はわずか1〜3%だと言われています。また、早漏の男性の約20%において、年齢とともに症状がより重症化します。

 

経 過

生来型の早漏は、時間がたつにつれてコントロールできるようになる男性もいるかもしれません。しかし、生涯を通じてあまり症状が変わらないことが多いとも考えられています。獲得型の経過については詳しくわかっていませんが、甲状腺機能亢進症や前立腺炎といった医学的疾患の回復により、射精までにかかる時間が元通りになると考えられています。

 

原 因

以下の要因との関連が考えられます。

  1. .パートナーの要因
    パートナーの性的な機能が十分でないか、健康状態に問題がある。
  2. 対人関係の要因
    パートナーとのコミュニケーションが十分にとれていない。あるいは、性行為への欲求が一致しない。どちらかが強く求め、相手方が無理に応じている。
  3. 個人の脆弱性の要因
    心身ともに疲れ、弱っている状態。あるいは過去に性的、精神的虐待を受けたことがある。精神疾患(抑うつ、不安)の併存、失職や死別による強いストレスなどがある。
  4. 文化的・宗教的な要因
    幼い頃から性的なものを忌み嫌う教育を受けてきたり、性的なものに対する考え方が偏ったりしている。
  5. 医学的要因
    甲状腺疾患、前立腺炎、薬物の離脱など。

ほかに、下記のように原因を分類する場合もあります。 気質要因:不安症、特に社交不安症(社交恐怖)。 遺伝要因と生理学的要因:生来型の早漏には、中等度の遺伝的寄与があります。脳内伝達物質に関連する遺伝子「ドパミントランスポーター遺伝子多型」や「セロトニントランスポーター遺伝子多型」のはたらきが早漏に影響しているかもしれません。

 

診断基準:ICD-10

記載なし

 

診断基準:DSM-5

A.パートナーとの性行為の間に膣挿入から約1分以内で、その人が望む以前に射精が起こる。持続的または反復的な様式。

注:膣以外の性行為を行う人に早漏の診断が適用されるかもしれないが、このような行為には特定の時間は定まっていない。

B.基準Aの症状は、少なくとも約6カ月間は持続しており、性行為において(特定の状況場面、または全般型の場合はすべての場面で)ほとんどいつも、または常に(約75〜100%)経験されなければならない。

C.基準Aの症状は、その人に臨床的に意味のある苦痛を引き起こしている。

D.その性機能不全は、性関連以外の精神疾患、または重篤な対人関係上の苦痛、または他の意味のあるストレス因の影響ではうまく説明されないし、物質・医薬品または他の医学的疾患の作用によるものではない。

現在の重症度を特定せよ

軽度:膣挿入から約30秒〜1分以内に射精が起こる。

中等度:膣挿入から約15〜30秒以内に射精が起こる。

重度:性行為前、性行為開始時、または膣挿入時から約15秒以内に射精が起こる。

 

※参考文献

『ICD-10 精神および行動の障害 臨床記述と診断ガイドライン(新訂版)』(医学書院)

『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院)

『カプラン 臨床精神医学テキスト』(メディカルサイエンスインターナショナル)

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度 ソーシャルワーカーよりデイケア社会資源情報社会資源情報こころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信リンク集 トップページへ