こころの病気とは? こころの病気の原因|こころの病気のはなし 基礎編

トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

こころの病気とは?

こころの病気は、精神や身体の働きが不安定になることで、日常生活に支障を生じてしまう 病気です。

病気の症状は、人によってさまざまです。思考力や意欲が低下する、気分の浮き沈みが激しく なるなど、精神的な不調があげられます。また、精神的な不調だけでなく、人前に出ると手が震 える、突然めまいや動悸に襲われる、眠れない、食欲が落ちる、体がだるい、肩がこるなど、身体的な不調が症状として現れることもあります。

精神的な不調/身体的な不調

なせ、こころの病気にかかるの?

職場/家庭のストレスこころの病気にかかる理由は、はっきりと わかっていません。しかし、こころの病気に かかった人の様子をみると、病気やけが、 学校や職場の人間関係などにより、日常 生活にストレスを受け続けている傾向が 見受けられることから、ストレスも影響して いるとも考えられています。

こころの病気と脳の関係へ基礎編-1基礎編-2基礎編-3基礎編-4
こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度 ソーシャルワーカーよりデイケア社会資源情報社会資源情報こころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信リンク集 トップページへ